【心理学】我慢だけが仕事じゃない!「主張的反応」をうまく使って仕事も人間関係も良くしよう!

スポンサーリンク

今回の音声はこちら

みなさんこんにちは。
安藤はなです。

普段皆さんは上司に仕事を振られた時どのような返事をしていますか?

例えば、自分も忙しいのに「何時までにこれをやっておいて」と言われた時の返事はどうしていますか?

大抵の人が、「わかりました。」とこたえるとおもいます。

なぜなら、上司と部下という関係を崩すことはできないためです。その力関係があるとどうしてもNOと言えないことが多いですよね。

いくら自分が仕事が忙しくても、疲れていてもNOとは言えない。そして日本人はそんなことが多いです。

で、抱えきれなくて追い詰められたりします。

しんどいですよね?疲れますよね?

ここで、全てを受け入れてしまうことで人は自分自身を追い込んでしまい、疲れてしまい、残業し・・・・

こんな状況を回避するためにも知っておくべきことがありますので、そちらをお伝えしてきます。

もしも、あなたが忙しくてどうしてもその仕事を引き受ける時間がとれない、もしくは時間内に終わらせることが厳しいということであれば「主張的反応」を利用して上司に対してしっかり自分の意思を伝えて行きましょう。

主張的反応ってなに?

で主張的反応ってなんなの?というお話です。

これは自分のことも相手のことも配慮して、自分の意見を述べるという方法です。非常に単純かもしれませんが、知ってる。わかってると思っている人でも、実際はうまく活用できない人が多いのも事実です。これを活用して行くことで、しこりも残らず、自分自身も相手も傷つけることなく、人間関係の修復さえせずに仕事を断れたりします。

例えば15時までに書類終わらせてほしいと言われ、それが難しい場合に

「忙しいのでできません。難しいです。他にも仕事がたくさんあってできません」と言ってしまうと攻撃的主張になってしまいます。

確かにストレートな物言いで、はっきりしていると思いますが自分が正しい。あなたは間違っている。という主張で攻撃的であることが伺えます。これを相手を配慮しない攻撃的主張(アグレッシブ)といいます。

「・・・承知しました。」これが一番多いパターンです。断ることができずに常に相手を優先してしまい自分にストレスをかけてしまうことですね。これが続くと精神的に疲れてしまいます。

一見頑張ってるように見えるかもしれませんが、とても自分にストレスをかけていますよね。日本人や新任社員に多くみられますがこれは NGです。これをこれを受身的な非主張的反応(ノン・アサーティブ)といいます。

アグレッシブだと人間関係が円滑に行きませんし、非主張的であると自分へストレスをかけてしまいます。

だからこそ、大切なのはありのまま報告しつつ相談する形で自分の主張を伝えるということです。

他にも頼まれている仕事があるのであればそれを合わせて報告して、相談してみる。

例えば「承知しました。ただ、他の仕事がいついつまでの終わらせなければならないので、そのあとになってしまいますがよろしいでしょうか?」といった具合に自然に相談することができればしこりなく主張ができます。

そこでは決められた時間までには終わらせることができませんという話になるので、報告もかねて進捗状況ができるといった具合に円滑に物事が運びますよね。

主張的反応を使う時に必要なことが4つあります。

 

誠実なこと

対等であること

素直であること

自己責任を持つこと

 

これを意識して主張しみてください。嘘偽ることなくありのまま報告すること。率直に自分の主張を伝えること。高圧的でも卑屈すぎてもだめ。自分が言ったことに対しては責任をもつこと。

これだけでも、仕事が円滑にいったり、自分の負担が減ることもありますよ。

実践してみることをおすすめします。

これは仕事だけに限らず、友人関係恋人関係でもどんな時にでも実行することができます。

いろんな場面で活用することができますのでじゃんじゃん活用して行きましょう!

安藤花のラインIDはこちら!安藤はなから最新情報が届きます!転職活動、退職相談、恋愛コンサル等々ライン@登録された方限定情報もあります

友だち追加

安藤はなのプロフィール

 

はじめまして!安藤はなと申します。
私は小学生の時の担任の先生に憧れて「教師になって子供達と関わりたい」と憧れを抱き、教師になりました。子供達のために先生になりましたが、そこで待っていたのは、膨大な事務仕事、雑用、パワハラ、いじめ、モンスターペアレント、上からの圧力など、、、思い描いていた教員生活とは全く異なっていました。そして鬱を発症。悩みに悩み、続けるかやめるか考え抜いた末に退職を決心。退職後は時間も心もゆとりを持つことができ、給付金を受けながら今では自由な生活を送っています。鬱と戦いながら頑張っている方と繋がりたいです。

安藤はなって何者?

安藤はなのyoutubeはこちら!

安藤はなのTwitter

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください