修学旅行は大イベント!先生たちはとても大変。裏側大公開。

amed84s5_tp_v1

生徒たちにとっては待ちに待った修学旅行!
しかし先生たちは暗い顔・・・生徒たちがなにもないようにしないと!はぐれたら大変!流れはこうで、時間はこれでなんて考えることがたくさんありすぎて嫌になる!!!
そんな先生たちの裏側にせまります!

スポンサードリンク

修学旅行の準備は念入りに!

学生生活で最も大きなイベントと言えるのが修学旅行ですね。

ご自分のことを思い返してみても、たくさんの思い出があるはずです。

誰と行動するか、夜はどう過ごすのか、どんな服装で行こうか、ワクワクしながら過ごされた方が多いのではないでしょうか。
教員の立場から見ても、違う意味で大きなイベントとなります。宿泊を伴う行事は、日常のあらゆることを管理しなければならないですし、生徒たちの家庭での一面を垣間見ることもできるでしょう。
今回は教員の視点で、修学旅行という行事を見ていきましょう。

教員の仕事と実態(修学旅行編)

前述したように、修学旅行は大きなイベントです。

準備は一年ほど前からスタートします。

どの校外行事でもそうですが、事前に数人(あるいは1人)で必ず実踏(実地踏査《じっちとうさ》)に行きます。

もちろん交通費、宿泊費等の旅費は、実踏も本番の修学旅行でも学校で負担してもらえます。
その後旅行会社と相談しながら詳細な部分を一年ほどかけて詰めます。これが結構大変。

生徒たちも訪問先について調べたり、具体的な行動計画を練ったり、並行して準備を進めていきます。

 

いざ修学旅行へ。(教員の知識の見せどころ)

修学旅行のスタートは、初日の朝に待ち合わせ場所で生徒たちを迎えることです。大きな荷物を持ってテンションの高い生徒たちですから、集合させるのも一苦労ですし、もしかしたらなんらかの事態が起きて来られないといったこともあるでしょう。全員集まるまで心配は尽きないのですが、生徒たちのなんとも嬉しそうな顔を見ているとこちらも気持ちが上がりますね。

現地に着いたら、役割に従って持ち場に向かいます。

教員の役割はいくつかありますが私が経験した中では、何かあった時の拠点になる《本部班》と、生徒が事前に提出した行動計画表に沿って各地を回る《見回り班》に分かれました。見回り班はもちろん、生徒の行きそうなところを中心に回るのですが、合間を縫って自分の行きたい場所(お土産屋など)に行くということもできました。これは学校によって違うでしょうね。

夕方になって生徒たちを宿に迎えます。班行動だと必ず迷ったり遅れたりしますので、きちんと人数の把握も必要です。見回り班は各所で生徒がいないか見て回りながら、宿に帰ります。その後生徒たちは自由時間になりますが、教員の仕事はここからが本番です。

宿に着いた後は?

食事、入浴、班長会議、部屋長会議などなど、生徒が旅行中うまく過ごせるように、手を貸してあげる必要があります。

普段と違う生活に、ほとんどの生徒が興奮しています。トラブルが起きやすいのも、校外行事のひとつの特徴と言えるでしょう。

さて、そうこうしているうちに就寝時間を迎え、就寝前の点呼を部屋で行います。夜も生徒たちの興奮は冷めませんので、しばらくはこそこそと起きておしゃべりしたり、部屋を移動していることもあるかもしれません。交代で数時間ごとに部屋を見回り、起きている生徒を注意し、何かあれば翌日の指導につなげるというのも、大きな仕事のひとつです。

次の日のミーティングや、すこしお酌をすることもあります。

なかなか寝れないのがきつい、、。

校外行事での注意点とは。

統制をとる、というと過激な言い方かもしれませんが、生徒たちは普段と違った場所、場面では羽目をはずしたくなるものです。現地で不用意な事故やトラブルが起こらないように、未然に防ぐことがいちばん大切だと思います。

そのために修学旅行の前からそれぞれ自分の役割をはっきり自覚させるとともに、要注意な生徒の行動をできるだけ把握しておくことが必要になってきます。

そうやって生徒たちに自主性を持たせつつも、教員の見守りを並行して行うことで初めて修学旅行が楽しいものになるのです。

放任しすぎても、干渉しすぎてもダメ。メリハリをつけて生徒たちと接するといいですね。

また先生たちが楽しんでいる姿を見せるのも、おもしろいです。

仕事とはいえ、少しくらいは現地の雰囲気や食を楽しみたいですよね。教員同士で役割を分担して、息抜きができる時間もぜひ作ってもらいましょう。

先生たちが現地を楽しむことで、生徒とも共通の話題ができたりしますし、お互いに学校では見られない部分を見ることができて、信頼関係が深まるかもしれません。

スポンサードリンク

私の経験談。

私自身、初年度に3年生に所属だったので、働き始めて1ヶ月ほどで修学旅行に同行しました。正直言って生徒の顔と名前が一致しない状況でしたので、どう接したらいいかわからなくて、ひとりポツンとしていたのが主任の目にとまったのでしょう。「もっと生徒の間に入ったほうがいいよ。」とアドバイスを受けました。

日常とは違う場所で、生徒との関係性に変化をつけるキッカケを作れるかもしれませんよ。

トラブルが起きてしまったら。

いくら注意していても、必ずトラブルは起きます。私がいちばん覚えているのは、数人の男子生徒が、女子風呂を覗いたというのです。

彼らは学校でもやや落ち着きのない生活を送っていたグループで、案の定修学旅行で羽目をはずしてしまいました。

まず現地で事実関係の確認と指導をしました。事態が判明してすぐに指導しないと、意味がないからです。

そこでは短時間で済ませ、学校に帰ってきた後に再度呼び出して指導しました。内容が内容でしたので、保護者にも来ていただいたと思います。

トラブルの程度にもよると思いますが、場所を変えて数回の指導をする必要があるでしょう。

最後に

修学旅行は、生徒たちがその場所の文化や歴史を学ぶだけでなく、いろいろな制約の中で生活したり、自分たちの力で物事を解決したりする貴重な場です。数日間の宿泊の中で、協調性や自主性も学んでほしいと思いますし、また教員もそれを手助けできるよう、しっかりと見守ってあげたいですね。

何か悩みなど、あれば連絡してください!
お話お聞きします(*^_^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です