新任教師が鬱になるシーズンが到来!あなたは5月病に気づいてますか?

mizsuho170920012_TP_V1

皆様こんにちは。房子です。GW終わってしまいましたね・・・
これから7月までなんと祝日はありません。
毎日毎日毎日毎日仕事と家との往復です。6月になぜ祝日がないのか!のび太君も言っていました。6月は祝日がないなんてあんまりだと。
同感です!
教師の皆さん!!特に新任教師の皆さん!!
学校に行きたくない病気にかかっていませんか?
そうそれは5月病というなの病気です!
自分自身の精神と肉体は元気でいますか?
しっかり休みはリフレッシュできましたか?
自分のことちゃんと理解してあげれていますか?
今の自分のことを知るために教師ならではの5月病の特徴をお伝えできればと思います。

スポンサードリンク

1、子供の声に敏感になる

GW中って世間もお休みですからね。町中に子供がたくさんいますし、行楽地なんか特に家族連れがいたりしますよね。自分もはりきって「どこか行こう!」なんて言って行ってみたら、ちらつくのは職場でのこと。家族連れや担当している学年くらいの子供を見かけるたびに「休みが明けたら、あれやって、これやって、、、」なんて考えていませんでしたか!?
それってリフレッシュできてないですよね。休みの日は学校のことなんて考えたくないですよね。

2、倦怠感に襲われ、やることは携帯をいじること

最近はスマホで、なんでもできますしね。家からも出ないでいいし、動画見て1日がすぐに終わるなんてざらですよね。そういう日は実際体的には大切かもしれません。ただ!GWはそうやって過ごしましたという方、5月病はその時点で発症していますよ。人間って休みだと気持ちが高揚して、なにかしよう!と言う気持ちが1瞬はあるはずです。それがなかったとしたら、結構重病です。
自分の心に問いかけましょう。「俺・私大丈夫?」と自分に声をかけてあげましょう。

3、将来を想像して不安になる

今の仕事が本当にあっているのか?結婚できるのか?病気にならないか?自分の趣味は充実できるか?等々・・・仕事での不安が襲ってくるのは良くない傾向です。考える時間は時には大切です。でも休みは自分のためにあります。そんなの一日中考えてると鬱になってしまいます。
でも前向きに考えるって人はなかなか考えるのが難しいのです。自分って本当はこんな仕事むいてないんじゃないの?とか動画を見て成功した人をみて自分もこうなれるんじゃないのかという考えを持ったりして、前向き→後ろ向き→前向き→後ろ向き・・・の無限ループなのです。今の現実をみて自分はどうしたいかを考えることがとっても大切です。一人じゃ難しければ誰かと考えればいいのです。

スポンサードリンク

4、夜眠れない

正直休みが始まってから、この長い休みが終わると当分休みがないと考えているあなた。すごくわかります。だから、あまりよく寝られない。寝る前にそんなことを考えてしまって、マイナスな気持ちで寝ようとしてもぐっすり寝るのは難しいでしょう。明日の朝になったらまた休みが一日終ってしまう・・・と考えてします。これは一種の鬱の傾向ではないでしょうか。明日はなにしよう!明日はこれやろう!なんて考えて寝られたら最高ですけどね・・

5、仕事のことが頭から離れない

仕事の話をあんまりしたくないんですよね。友達と会っても必ず仕事の話。100パーセント仕事の話になります。なぜならもう学生ではないからです。それは仕方がないことで、でも仕事の話なんてしたくないんですよね。なぜなら話していると職場の忙しさを思い出してしまうから。失敗したことや、悩みなど思い出してしまってその日に考えたり、友達のアドバイスなんか「なにがわかるの!?」なんて思ってしまったり。特に教員の世界は特殊です。だから同業者にしかわからなかったりするんですよね。
5月病とは関係なしにこれはいつでも起こり得ることでしょう。

6、休みの日は職場付近によりたくない

家と職場が近いと非常にきついですよね。なんとなく休みなのにそっちのほうに向かっていると気持ちが沈んだりしませんか?5月病の特徴かもしれません。4月から1カ月経ちだんだんと慣れてきた道なりですもんね。休み明けに行かなきゃいけないんだと認識させられたりして結構嫌なんですよね。

7、とにかく何が嫌かわからないけどだるい

具体的に自分でも何が嫌で、原因は何で、どうしてこうなったのかわからない・・・なんて時ありませんか?自分の精神状態がとても不安定な状況にあります。仕事が嫌だな。生徒や職場の人に会いたくない。と思ったりしてとても精神面でぐったりしています。気持ちをうまく切り替えられればいいかもしれませんが、難しければ、落ちるとこまで行きましょう。人を傷つけなければOKです。
そしたらあとはあがるだけです(^^)

8、最後に

5月病の特徴と書きましたが、普段の生活にも通じているところがたくさんあると思います。今後もこんな症状は出てくることでしょう。仕事に加えて人間関係,今後行事も増えてきて頭がパニックになることもありますよね。そんなときに大切なのは「休息です」<<教師につかれた、、上手な休みの取り方をあなたへ伝えたい。
うまく休みが取れれば気持ちも体も楽になります。
普段の休みも仕事中も上手に休息を入れましょう。

相談乗りますよ(^^)
fusakokoko0201@gmail.com

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です