【新任教師必見】元教師が教える!先生にも生徒にも好かれている先生ってどんな先生?

cellular-education-classroom-159844

スポンサーリンク

先生だって生徒から好かれたいぞ~!
そんな気持ち誰にだってあるはずです。というか私はありました。
生徒も人間なので、好きな先生・嫌いな・苦手な先生がいると思います。
私も学生時代はそうでした。
今回は生徒から好かれる先生の特徴を述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

1、厳しいことをきちんと伝えられる先生

誰かに厳しくするって「嫌われるんじゃないかな」という心理が働きます。そして先生という立場上生徒を叱ったり、怒ったりするのは非常に難しいです。ただ、相手のことを思うからこそ叱る、怒るということができるのではないしょうか?そんなこと正直子供はわかっていますし、よく見ています。
また、普段の生活で触れ合っていけば、コミュニケーションをとっていれば、怒られ=うざい、嫌いとはなりません。
一瞬なったとしても本当に一瞬です。
頭ごなしに怒鳴っていてはいけません。
理由と裏付けが子供とっても自分にとってもとっても大切だと思います。

2、優しい先生

穏やかで、いつも相談に乗ってくれるような先生っていましたよね?なんでも話しても、うなずいて聞いてくれるような。
そんな先生は当たり前ですけど生徒たちから好かれていますよね。もちろん他の先生からも。なんでそんな仏のように人に接することができるのかとっても不思議ですが笑
そんな先生は男女問わずすごく好かれていますよね。

3、熱血な先生

今時うざい~なんて思う人もいるかも知れませんが、すっごく希少だと思います。
今は、生徒も先生同士も希薄な関係が続いているので、熱血なんて言葉さえ消えかかっているのではないでしょうか。そんな中で熱血先生なんていったら、ちょっと暑苦しいかもしれませんが、自分の身近な親にさえ言えない悩みなんかを相談している生徒もいました。熱血先生は答えを出してやろうと必死に考えていましたし、生徒の心に寄り添う姿は非常に教師として理想じゃないかなと思います。もちろんおせっかいが過ぎることもあるかもしれませんが、そんな先生は生徒からよく好かれていました。

4、生徒と向き合える先生

どんな時も学校では問題が起こることがつきもの。絶対に問題はおこります。そんな時に解決するために動けるのか、はたまた逃げてしまうのかで生徒の評価、まわりの先生の評価は変わってくるのです。だれかに問題を投げてしまってはダメなのです。ただ、やりすぎは注意。周りの先生たちと連携し、問題に立ち向かっていく必要があるはずです。そして、一緒に解決していってくれる先生を子供は望んでいると私はそう思います。

スポンサードリンク

5、ノリがいい先生

最近は流行っているものを取り込んだ授業が増えてきました。たとえば、VRやダンス、英会話など私立や公立でも取り入れられてきたものですよね。先生たちが知らないとなかなか盛り上がらないので、若い先生なんかは頼りにされます。そんなとき一緒に楽しんでくれる先生はとっても貴重ですよね。あと、文化祭や体育祭なんかでも率先して盛り上げてくれる先生はとっても人気です。

6、清潔感がある先生

これはどんな人もそう思うのではないでしょうか。
正直外見の話になりますが、生徒たちと話すときも「対人間」です。生徒ではなく一人の人間として接する必要があると思います。要はビジネスをする相手という考え方であれば、身だしなみや、匂いなんかも気にしますよね?つまりそういうことです。生徒たちに対して「スカートが短い!」「忘れ物をするな!」「身だしなみを整えろ!」なんて言ってて自分が出来てないんじゃ話になりませんよね。説得力だってない。本当に生徒たちってよく見てますし、とっても敏感です。男性の先生たちは身だしなみを。女性の先生たちは外見や、服装、メイクの濃さまで気にするといいかもれません。

7、いつでも平等である先生

生徒はいろんな生徒がいます。もちろん自分と合わない生徒もいますし、すごく気が合う生徒もいます。全員が同じではありませんが、特別扱いは厳禁です。良い意味で仲良くしすぎるのも、悪い意味で苦手感を出しすぎるのもNGな行為だと思います。生徒はよく見ています。自分に対してどんな態度をとっているのかという部分を非常に気にします。だから、だれに対しても平等である先生は非常に貴重だと思います。

8、思いやりがある先生

思いやりって相手を想って接する態度だと思います。相手の家庭事情、普段の状況・生活態度とかを見て気にかけてあげることが思いやりがある先生ってことにつながるのかなと思います。何気ない会話でも生徒を傷つける言葉を言ってしまう可能性はありますので、思いやりをもって接しましょう。

最後に

生徒は先生の行動をよく見ています。相手が自分のことを想ってくれているかどうかなんてすぐに見破られてしまいます。偉そうになってしまったり、横柄になってしまったりしてしまうことがあると思いますが、気を付けましょうね。生徒に好かれるために教師になったんじゃないっていう人も大勢いるかもしれませんが、やっぱり良い先生でいると自分に返ってきます。プレッシャーに感じることなく楽しみながら教師生活を送れるといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

以前教員をしていた房子と言います。学校生活の中で気持ちを病んでしまった先生と出会い、同じように悩んでいる方は多くいると思いその問題に一緒に立ち向かっていきたいと思ってサイトを立ち上げました。