教師がしんどい!やめたい!なぜそうなったのか3つの要因とは。

yota93_syazaisuru15124217_tp_v1

こんにちは。
あなたは今、教員しんどい。辞めたい。と思ってこのサイトを開いていると思います。みなさんが抱える悩み。教師がしんどい。教員の仕事が辛い。なぜ、そう思ってしまうのか。その3つの要因をお伝えします。
1、仕事要求度が高い。
教員の仕事を思い浮かべてください。
授業の準備・行事の準備・授業行う・生徒への対応・保護者への対応・上司との関係・部活の顧問・土日出勤・残業...etc
たくさんの業務があり、毎日を多忙に過ごしていますよね。
過重な負担や、多忙であっても、教育現場は自律性(自らの意志で仕事の量をなどを決定できること)が制限されているため、自分が業務量を抑えようと思ったり、解消しようと思ってもそれをすること自体が難しくなります。
仕事の負担度が高く、裁量の自由度が低い職場環境では、ストレスが溜まりやすい傾向にあります。
特に仕事欲求度は高く、自分でコントロールすることが難しい職場では、ストレス関連リスクが高い職場といえます。
その職場こそが、教育現場といえるでしょう。計り知れないストレスが教員の方にはかかっているといえます。

2、人間関係に悩む

職場での人間関係は時には、安心感や向上心を与えてくれることもあるでしょう。しかし、強力なストレスの要因につながるときがおおいでしょう。特に教員のかたは、生徒・保護者・上司・同僚・他機関との関係等多くの人間関係を良好かつ円滑に保たなければなりません。人間関係が円滑に進んでいる場合は、心も落ち着いてますが、逆にうまくいっていない場合、二重に苦しむとも言われています。
うまくいっているときは、個人的達成感も得やすく、脱力感を感じることはないといわれています。
うまくいっていないときは、情緒が不安定になり、まさに「だるい」という状態に陥るのです。
ただ、人間関係が全部害悪かといわれたらそうではありません。
様々な人間関係の中で、仕事の評価をしてくれたり、励ましてくれたり、元気をくれたりしますよね?
人間関係はどこの職場でもつきものなのですが、ストレスの原因の一つであることは間違いありません。

3、過重負担がある

これは、一つの環境要因です。ヒューマンサービスの現場ではクライアント(主に、生徒)との慌ただしい、ゆとりのない関係が日常化しています。仕事への切迫感=子供がいうことを聞かないことへの焦り、周りの目の中でのプレッシャー、とかがありますね。また、それに伴う多忙さや、過重な負担が、教員のストレスを高めていることに間違いありません。
教員は、仕事の性質上一人の相手に一人で対応するということはできません。これは、どの教育現場でも言えますよね。
1対1で実際に指導をずっと行うことができれば子供たちに寄り添い、気持ちも理解できることもあるでしょう。これは、理想形でしかありませんね。実際の教育現場では、30~40人の子供たちを相手にしているわけですから、全員のことを理解するのは難しいですよね。