教員の服装について知りたい!男性も女性も何を着ているの?

pasona_6_tp_v

スポンサーリンク

教員の方と、一般企業の方って社会が全く異なりますよね。
そこで教師ってどんな格好してるの?と悩んでしまうことありますよね。
スーツなのか・・・私服なのか・・・ジャージなのか・・・
すごく悩むところですよね。

スポンサードリンク

先生たちってどんな格好で学校にいるの?

自分自身が、児童や生徒だったころ、先生の服装や身だしなみって、とっても良く見ていましたよね。小学校高学年にもなれば、新しい服や髪形のイメチェンには、敏感ですし、女性の先生の化粧の濃さとか、口紅の色までよく見ているものです。男性の先生は、シャツにアイロンがかかっているか、シャツとネクタイのコーディネートはどうか、やはり、男女問わず、教師というのは見られる職業なのだなと思います。

現場の教師はどんな格好なの?

実際に教師をされている方は、どんな服装をしているのでしょうか?これは、その教師のキャラクターによっても異なりますね。いつもびしっとキメている先生もいれば、毎日ジャージの先生もいる。

服装によって、あだ名をつけられたりもするんですよね。ですから、「見られている立場」として、TPOに合わせた服装への気遣いが必要だなと感じます。

教師にとっての、TPO、どんな場合があるのか見ていきましょう。

教師にとっての、一番かしこまったフォーマルな場面といえば、「入学式」「卒業式」のような、学校での時節的な節目です。

始業式や終業式もこれに準ずる場面かと思います。

制服のある学校の場合だと、児童・生徒も第一礼装の着こなしをしますね。

・上着をきちんと着ること

・靴下やシャツの色、スカートの長さやズボンのずりさげなど、校則にのっとり、正しく着る

場合によっては、髪の毛の色や髪飾りの規定など、厳しく決められている学校もあります。

教師も、生徒と同様、襟付きのフォーマルスーツを着用することが多いです。

私の場合は、高等学校で勤務していたのですが、毎回同じスーツというわけにもいかないので、黒、グレー、紺色など、いくつかのバリエーションを用意していました。

当時、まだ20代前半だったため、リクルートスーツだと、学生の教育実習みたいだし、デザイン性の可愛いラインのスーツだと、着方によると一見制服にみえるなど、悩みながら、地味になりすぎず、派手になりすぎないラインを探っていました。

担任を持っていた時の卒業式などは、落ち着いた和服を着用したこともありますね。

かしこまった場面で服装で気を付けることとは。(各学年編)

このような、学校行事の中でも特にかしこまった場面で気を付けたいことは、意外と小さなところです。

女性教師の場合は、ストッキングが伝線していないか。靴はきれいに磨かれているか、時計などの小物は華やかすぎないか、安っぽすぎないか。また、化粧もすこし華やかに、それでいてけばくならない「好印象」になりやすいラインを把握することが大切だと思います。

男性教師の場合は、特に独身の先生に注意していただきたいのですが、シャツのアイロンがけと、下着への配慮です。襟元の汚れやしわはない方がよいですし、夏にやりがちな、裸にシャツを着るという着こなしは、あまりよくありません。

中に着るインナーの透け感や、汗しみなど、留意すべきポイントはたくさんありますね。

教師が一番生徒と接しているのは、「授業」を行うときですね。授業の際の服装は、教師によってその選び方は、大きく異なります

小学生の場合

例えば、小学校低学年ぐらいの受け持ちの先生は、おしゃれとか、見られるということよりも、機能性を一番に服装を選ぶ傾向にありますね。

ジャージなどの動きやすい服装に、走りやすい運動靴を着用している場合も多いです。

この時に気を遣いたいのは、「毎日同じジャージを着ない。」ということです。

給食指導があったり、普段から児童が自分の近くによって来る環境ですから、衛生面を考え、こまめな着替えと洗濯には気を付けたいですね。

中学生の場合

小学校高学年~中学生くらいになると、「身だしなみ」を意識した着こなしが必要になってきます。

児童生徒が次第に大人になっていく発達段階なので、身近な大人としては、服装の着こなしや、コーディネートに特に気をつけたいです。ファストファッションで有名なメーカーの商品などは、タグやデザインでわかりやすいことが多いので、その路線でキャラクターとして見せていくか、うまく取り入れて着こなしたいですね。

スポンサードリンク

高校生の場合

高校生を受け持つ場合は、「校則」のしばりをどこまで気にするか、学校のカラーに応じて対応していただきたいと思います。生徒にマニキュアを禁止していて、教師はジェルネイルをしてよいかどうか、職員室でも議論になったことがあります。
ピアスなどのアクセサリーについても、同様の議論がなされることもあるようです。いずれにせよ、職員室内での他の先生との意識の共有をしたうえで、生徒の目線を気にしながら、おしゃれも楽しみたいですね。思春期の生徒や、その保護者の目線も気にすると、異性の目線も意識したうえで、行き過ぎない身だしなみを整えることが大切だと思います。

校外学習で学校の外部に出る場合は、社会の目線にも気を遣いたいものです。学校の中だけの生活になると、社会での目線をわすれがちです。電車通勤などで、少しでも社会に触れている状況の方もいらしゃるでしょうし、自動車通勤で、家と学校の往復だけ、という方もいらっしゃると思います。
自動車通勤の先生で、家からジャージで来て、授業をして部活をして、そのままジャージで帰宅するという同僚もいました。

しかし、よく考えてみてください。いつもそれではいけないと思います、美術館や音楽ホールに、校外学習で行く場合に、いつもの調子で、ジャージ姿で外歩き回ってしまうと、意外と浮いてしまいますよね。学校の外に出たら、学校の中での自分的なルールよりも、社会のTPOに応じた服装に臨機応変に対応できたらスマートだなと思います。

最後に

このように、教師の服装については、場面や、相手にする児童生徒の発達段階、誰に観られているか等、その状況によって、気を付けるべき点が多くあります。
見た目からつくられるイメージは、意外と大きいですから、よりよい人間関係を築くためにも、身だしなみを工夫しながら、上手におしゃれを楽しめるとよいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

以前教員をしていた房子と言います。学校生活の中で気持ちを病んでしまった先生と出会い、同じように悩んでいる方は多くいると思いその問題に一緒に立ち向かっていきたいと思ってサイトを立ち上げました。