教師から生徒だけでない!教師から教師へのパワハラって教育現場であるの?実際の体験談とは。

yotaka85_shijisuru15121715_tp_v1

yotaka85_shijisuru15121715_tp_v1

パワハラ注意!無意識の一言が相手を傷つけることも

 

数年前から「○○ハラスメント」という言葉をよく聞くようになりました。

セクハラ

モラハラ

パワハラ

最近ではマタハラ(マタニティーハラスメント)

ドクハラ(ドクター・ハラスメント)など.

 

その種類も多くなっています。

そもそもハラスメントとはどんなことを指すのでしょうか。

また学校の現場でもハラスメントは起こりうるのでしょうか。

今回は上司と教員の間に起こりやすいパワハラについて考えていきましょう。

 

【ハラスメントとは】

 

漠然とした知識はあっても、きちんと説明できる人は多くないはず。ここでしっかり把握しておくことから始めましょう。日本語でいえば「嫌がらせ」です。

 

ある行為をハラスメントだと決定づけるのは「行為を受ける側」だということです。

行為をする側はなんの気なく、あるいは良かれと思ってしたことであっても、受け手によってはハラスメントになりうるということを忘れてはいけないと思います。

要は、自分がされて不快に感じた時点でパワハラなのです。

 

【学校でパワハラが起きやすい?】

 

学校で考えれば校長、教頭(副校長)を筆頭に、主幹、学年主任など、普通の会社と同じように立場の違いがありますから、当然パワハラが起こってもおかしくない環境といえるでしょう。

言葉の受け取り方の問題もありますので一概には言えませんが、大小の差はあれどみなさんも一度は感じたことはあるのではないかと思います。

より具体的に考えていきましょう。

 

【私の学校生活でのハラスメント体験談】

 

私の学校生活の中では、一つだけ思い出す事があります。

私が赴任していた学校は、毎年5月ごろに運動会を開催します。前年は初年度ということもあり、受付の簡単な仕事で終わったのですが、2年目に実行委員長をすることになりました。

もちろん立候補したわけではありません

委員長を決める会議の場で話し合うわけですが、当時はなぜか体育の教員が実行委員長をやらないという変な風潮があり、他の科目の教員に視線があてられます。

数人の体育教員のうちひとりは、学年主任を歴任するくらいのベテランで初年度にかなりお世話になった人でした。

いつまで経っても決まらない会議を終わらせたかったのでしょう。おもむろにその教員が「(委員長を)できない理由を一人ずつ言っていこう」と言い、私を指さしました。

「できない理由」と言われても…と言葉に詰まっていたら、そのまま委員長に決定してしまったのです。

あれはおそらく確信犯です。

まわりの先生方はまだ経験の浅い私に任せるのは酷だと言ってくれたのですが、結局サポートを受ける形で最後まで委員長として行事を乗り切った思い出があります。

言った本人はあまり深く考えていないかもしれませんが、私はけっこうショックを受けてしまい、その教員のことをあまり信頼できなくなってしまいました。

私の場合は些細なことでしょう。

しかし、このようにほんの一言でも受け取り方によってはハラスメントになりうる可能性があるというのは、怖いことだと思います。

誰に対しても、言葉や行動に十分気をつける必要がありますね。

 

【もしパワハラを受けてしまったら】

 

あなたが今パワハラで悩んでいるのなら、まずは誰かに相談すべきです。

同僚や友人に話せば、少しは気が楽になるはずですし、職場のボスに相談すれば助け船を出してくれるかもしれません。

公立学校なら異動があるので、それを利用して物理的に相手と離れるということもできますが、私立学校だとそうはいきませんので難しい問題です。

あまりにもひどいパワハラで根本的な解決を望むのなら、弁護士などの専門機関に相談して、法的な手段を取ることも必要かもしれません。

この場合は大がかりなものになるはずですし、そもそも相手にパワハラの自覚があるかどうかもわかりませんから、対決できるだけの力と根拠がないと無理でしょう。

 

【教員が生徒にパワハラ!?】

 

よく考えてみれば、教員と生徒の間にもある種の上下関係のようなものがあることに気づくでしょう。

ハラスメントは受け手の気持ちに重点が置かれますので、自分にそのつもりがなくても生徒がハラスメントだ!と訴えれば、あなたの立場は一気に危ういものとなってしまいます。

悪いことをしたある生徒を指導するのに

・クラスの前に立たせて叱責する。

・人格を否定するような言動を繰り返す。

・断れないとわかっていて役割を押しつける。

パワハラだけでなくモラハラとも受け止められそうな事案ですね。

あなたは冗談で言っているつもりでも、生徒は傷ついているかもしれません。

「自分は大丈夫」と過信せずに、ひとつひとつの対応を丁寧にしていく必要があるでしょう。かといって縮こまることはありません。

普段からの信頼関係があれば乗り越えられるものの方が多いと思いますので、人と人との対等な関係性を築く努力をするのがいいでしょう。

 

【皆様へ伝えたいこと】

 

教員というのはあんがい世間を知らず、世間的にNGなことでも平気で言っていたりします。

少なからず生徒の見本になる立場なのですから、言葉遣いや振る舞いには最低限のマナーを持ちたいところです。

自分がハラスメントに巻き込まれないように、また仮に巻き込まれてしまってもすぐに抜け出せるように、しなやかな心で仕事できるのが理想かもしれませんね。

みかこさん(37)体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です