教員同士が恋愛に発展する瞬間ベスト5

スポンサーリンク

さて新学期も始まり、先生同士も人間関係が変わらない人もいれば、がらっと変わりまだまだ馴染めていないという方もいますね。4月こそ最も大きな「出会いの時期」でございます!
私の友人も4月に赴任した先で出会った教員と教員同士でのゴールインを果たしました。どんな場面で恋愛に発展したかというと彼は指導員役、彼女は赴任してきたばかりで教えてもらう役。こんなシチュエーションだったそうです。
これもう恋愛に発展する以外あり得ないようなシチュエーションじゃないですか?
「教師なんて出会いなーーーーい!!」とか叫んでいるそこのあなた!教員同士で恋愛に発展する瞬間はいくらでもあります。同年代が赴任してきそうなこのシーズン。そう4月・5月・6月を大事にしていきましょう。
そして恋愛に発展する場面とはいつなのか発表していきます(^^)/

1、定番中の定番 世話役×世話になる役

べッタベタな展開ですが、この可能性はものすごい高いのです。
先輩からいろいろ教わる。優しくても、厳しくてもかっこよく見えてきます。お互いにフリーな関係だと2人で飲みに行ったり、ご飯に行ったりと段々関係が作られていきます。右も左もわからない自分に優しくも厳しく教えてくれる先生・・・こんな展開は憧れますよね。一般企業でもこんなことありそうですよね。でも教員はより距離が近い職種かもしれません。生徒が主体であるため特殊な環境で、忙しく悩みも増えるため、相談しやすい先輩には恋心をいだきがちかもしれません。ただし、ものすごく年齢が離れている可能性はおおいにあります。
たまたま同年代やお互い結婚してない場合に限りますからね。

2、同学年を担当する教師同士

自分の担当する学年が同じだった場合、いろんなイベント等を通じて関わることが増えます。また、問題が起きた時も解決するときも一緒に立ち向かっていきますし、悩みを相談しやすいのです。「~君が」「~さんはね」と言っても話が通じやすいですし、意気投合しやすいとも言えます。同学年を担当する先生でグループで仲良くなるとほかの先生からも、「2人いい感じじゃん」なんて言われてまんざらでもなくなったりしますよ笑
その流れでご結婚された方もいらっしゃいました。

3、担当する部活が一緒

自分がやったことない部活だって若手の時はやらされたりしますよ。それがいかにきついかを教育委員会に気づいてほしいと思います・・・。それは置いときまして・・笑
そすると例えばサッカーやったことないのに、女子サッカー部任されてしまった!!なんて時、どうやっていくかを相談する相手はやはり男子サッカー部の顧問になりますよね。これは必然的です。体育会系の人って指導している姿がかっこよく見えたりするんですよね。悩みに的確に答えてくれたり。頼りになる!なんて思った瞬間好きになったりしますからね。

4、残業・休日出勤時

民間も一緒かもしれません。就業時間を超えても残らざる負えないときが教師は多いのです。夜8時・9時だって残っているときはありますよ。そんなときはコミュニケーションをとる場になったりします。大抵は仕事を終わらせようと必死ではあるんですが、「仕事疲れましたね~」なんて話しかけられりして盛り上がったりします。飲み行きましょうなんて話になったりもしますよ。
いっそのこと飲みに行って付き合っちゃいましょう(^^)時には勇気も大切!

5、イベント時(体育祭・学園祭・修学旅行)

これは同学年担当に限ってしまうかもしれませんが、やはりイベント時って生徒もだけれど先生同士も恋愛に発展しやすいんですよ!力を合わせてやっていかなきゃいけないものですから、事細かに打ち合わせしたり、一緒に居る時間も当然増えていきます。そして何よりイベントをやるってとても大変なんですよ。お互いに協力しなければ成り立たないわけです。先生同士の協力はイベントを成功させるためには必要不可欠になります。
また、修学旅行なんかでは宿泊が伴いますから、夜は当然飲んだり愚痴を言ったり、建前では明日の打ち合わせ(もちろんしますが)ですが、いろいろ話せる場になりますし、お風呂後に会ったりすると違って見えたりしますよね。笑
そんなこんなで恋愛に発展する可能性も高まっていくのではと思います。

6、最後に

なかなかうまく恋愛に発展することってないんですよね。正直。
年齢が高い方ばかりの学校ももちろんありますし、若い方が赴任してくるとは限りません。が!!そんな中で恋愛に発展するってことは運命ではないでしょうか。
出会いが少ないのは事実ですが、学校で教師同士で恋愛に発展するって奇跡のような気もしてきました。
こういった瞬間を大切にして、「未来の旦那さん・奥さん」を逃さないようにしてください!!
意外と身近なところに運命の人はいますよ(^^)

安藤花のラインIDはこちら!なんでも相談お待ちしております!

友だち追加

安藤はなのプロフィール

 

はじめまして!安藤はなと申します。
私は小学生の時の担任の先生に憧れて「教師になって子供達と関わりたい」と憧れを抱き、教師になりました。子供達のために先生になりましたが、そこで待っていたのは、膨大な事務仕事、雑用、パワハラ、いじめ、モンスターペアレント、上からの圧力など、、、思い描いていた教員生活とは全く異なっていました。そして鬱を発症。悩みに悩み、続けるかやめるか考え抜いた末に退職を決心。退職後は時間も心もゆとりを持つことができ、給付金を受けながら今では自由な生活を送っています。鬱と戦いながら頑張っている方と繋がりたいです。

安藤はなって何者?

安藤はなのyoutubeはこちら!

安藤はなのTwitterはこちら!

2 件のコメント

  • 内容の濃い記事ありがとうございます! ・人間関係のトラブルは経験、成長になる ・相手のために都度、言う(分からなければ聞く) ・人間関係=お互いが一緒にいて幸せだから成り立つ、修行の場 この3点が特に感じるところがありました。 トラブルが発生した時ほど、ただ悲観するだけでなく、 色々と物事を考えたり行動を省みるようにして、 1つ1つの出来事を糧に成長したいと思います。 これまでは、自分の気持ちをごまかしたり、オブラートに包んで話をそらしたりする事も多かったですが、 今後は衝突してトラブルになりそうだと思っても、 相手のために感じている事を伝えていきます。 また、最近「今までであれば言わなかったような事」を何度か言ってみました。 言わなければそつなくこなせてたかもしれない事を、 少し不安などもありましたが敢えて言ってみました。 結果、これまでに無い経験が出来て 少しだけレベルアップできたのかなと感じます。 長文、目を通して頂き感謝してます。 いつもありがとうございます! custom writing

    • こんばんは。コメントありがとうございます。そんな風に言っていただき光栄でございます。
      今後とも幸せである事を願っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください