教員から転職した私の経験談。(転職決心編)

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。今日は教員から別の職業に転職された方にインタビューしてきましたので、それを載せていきたいと思います。

質問者:はな

答えてくれた方:山田さん

はな
こんにちは。本日はよろしくお願いいたします。山田さんは現在別の業界で活躍中とのことですので、ぜひ根ほり葉ほりお伺いできればと思います!
山田
教員時代のことは悪い意味でよく覚えています。(笑)じゃんじゃん質問していただければと思います!よろしくお願いいたします。
[ad#ad-1]

質問1、転職を考えたきっかけはなんですか?

山田
それはですね~。ずばりいいますと休みがないこと。人間関係。保護者。部活の顧問。がきつかったということです。教師の悩みって結構そこにつきるとおもうんです。特に時間がなく、毎日常に追い込まれた状況で人間関係がきつく、夜中にも保護者から電話がくるという地獄でしたね。
はな
そうだったんですか、、、。教師の方で同じような悩みを持っている方は大勢いることでしょうね。。。毎日そんな状況でご自身の体調や精神に変化はありましたか?
山田
そうだと思います。今すぐ逃げてと思います。もちろんありました。最初の半年で不眠症になり、目覚める時も体が重く、息苦しい。そして行きたくないけれど、行かざるを得ないという状況にあり苦しんでいました。学校に向かう足取りが重く、電車に乗るときに過呼吸になったこともありました。嫌いな先生からは逃げるようになってしまっていましたし。めちゃくちゃ追い込まれていました。部活を見ているときに貧血になることもありました。でも、不思議なことに当時は、自分がだめなんだって思っていましたね。
はな
聞いているだけで、当時の山田さんのことを思うと辛くなりますね。。。当時は精神的にも肉体的にも追い込まれていたんですね。相談できる方はいましたか?
山田
先輩はいましたが、みんなそうやって成長していくんだ。なんて語っていましたね。その言葉で余計自分はダメなんだと思いましたね。
はな
半年で先輩に相談するのも勇気がいりますよね。それにその言葉はなかなかきついですね。。。
山田
1年は絶対に続けようと思っていましたので、そこまでは頑張ろうと決めて毎日職場に向かっていました。ただ半年経ったとき本当にこのまま教員を続けていていいのかと、帰り道に考えていました。そのあたりから転職を考え始めていましたね。
[ad#ad-2]

質問2、転職することへの不安はありませんでしたか?

山田
不安しかありませんし、だれにどう伝えたらいいのかもわからず、将来も見えず、安定もなくなるかもしれない、周りからどう思われるのか、、、などいろんなことを考えていました。辞めないほうがいいかもしれないとも。
はな
教員は安定していて周りからの信頼度も高いお仕事ですもんね。ただ、本当につらい人は辞める勇気、一歩踏み出す勇気が必要だということですね。
山田
そうなんです。正直周りなんて気にしていたら、死んじゃいます。自分が苦しいです。今、悩んでいる方はいろんなことを考えてやめられない人が多いと思うんです。でも、それって本当に正しい選択なのか考えてほしいです。

質問3、転職したタイミングは?

山田
教師になって1年半ごろの8月の終わりに上司に伝えました。もちろんすぐにはやめることが出来なかったため、残り半年は続けてそこで教師生活に幕を打ちました。自分の担当したクラスの学年が変わるタイミングですね。
はな
上司に伝えたということですが、まずは誰にお伝えしたんですか?また、子供たちとの別れは辛くなかったですか?
山田
まずは学年担当主任に直接言いました。先輩だと諭されると思ったので。そこから、教頭、校長と順番に伝わり、辞職することになりました。子供たちとの別れは実際はつらいですが、「先生いなくなっちゃうの?」と聞かれた時が泣いちゃいましたね。ただ、最後に学校を去るときはとても清々しかったです。

質問4、転職活動はいつ?

山田
これは転職する決心をしたときから毎日携帯をガン見していました笑。出勤時と退勤時と毎日携帯とにらめっこしてました。限られた時間の中での転職活動はきつかった・・・あと、同じくらいの安定を求めていたので結構業種は絞られてましたね。
はな
どんな業種で探していたんですか?
山田
私はやっぱり子供が好きだったので、教員ではなく子供に携われれる仕事で考えていました。

学童保育や、

保育士などで考えていました。教員免許を生かした仕事はできると思ったので・・・
はな
なるほど・・・やはり子供が好きで、ついたお仕事ですもんね。転職活動は大変でしたか?
山田
毎日自分に合った職場かなあ?と不安になりながらサイトを見ていましたが、一歩踏み出したいという思いが自分を支えていました。思っているよりは辛くなかったです。ただ、時間があまりなかったので肉体的には結構きましたね・・・
はな
そうですよね。時間がないと転職活動をするのは大変ですよね。具体的に転職活動をどう乗り越えていったのか次回「転職活動編」でお伝えしていきたいと思います!
山田
私が行っていたことをお伝えしていきますので参考にしていただければと思います!またお願いいたします!

「転職活動編」に続く・・・・

安藤花のラインIDはこちら!なんでも相談お待ちしております!

友だち追加

安藤はなのプロフィール

 

はじめまして!安藤はなと申します。
私は小学生の時の担任の先生に憧れて「教師になって子供達と関わりたい」と憧れを抱き、教師になりました。子供達のために先生になりましたが、そこで待っていたのは、膨大な事務仕事、雑用、パワハラ、いじめ、モンスターペアレント、上からの圧力など、、、思い描いていた教員生活とは全く異なっていました。そして鬱を発症。悩みに悩み、続けるかやめるか考え抜いた末に退職を決心。退職後は時間も心もゆとりを持つことができ、給付金を受けながら今では自由な生活を送っています。鬱と戦いながら頑張っている方と繋がりたいです。

安藤はなって何者?

安藤はなのyoutubeはこちら!

安藤はなのTwitterはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください