安藤はなの人生を知ってください。

安藤はな自己紹介音声はこちら

みなさんはじめまして安藤はなと申します。

今このページを開いてくださる方は教員になりたい方、あるいは教員を志している方、教員に興味がある方だと思います。

みなさんはどうして教員を志したのでしょうか?

私は幼い頃から先生になりたい!と思っていました。

小学生の頃の恩師のように生徒のために一生懸命な優しい先生になりたいと思って、先生になるのを夢みていました。

そして、大学で教職課程をとり、晴れて憧れの教師になり、一年目から中学校の副担任をしました。

小学校のときの恩師のような先生になるぞ!と意気揚々と先生という仕事に取り組もうと決心していました。

しかし私の思い描いていた理想と現実のギャップを知るまでは時間がかかりませんでした。

そこで待ち受けていたのは

想像にもできなかった日々でした。

誰よりも早く出勤し、上司の机拭きから始まり、朝の挨拶を全員にする。

ここから1日が始まります。

授業準備は学校ではほぼしておりません。

学校では授業がない時も、イベントの準備や、上司に印鑑をもらうために文章を起案、やり直し、保護者対応、生徒の問題対応など

授業以外の仕事がたくさんあり、授業準備は全然できませんでした。

そして授業準備は家に持ち帰り

寝るのは夜中、起きるのは朝5時。

睡眠はほぼできず、毎日寝不足状態で出勤する日々。

時間に追われる日々で、だんだん肌荒れが目立つようになり、周りの女性の先輩から

「しっかりお化粧して綺麗にしなさい。」
「クマをつけてるのはみっともない。」
「教師なんだからしゃんとしなさい。」
「いつまでも学生じゃないのよ?」などと言われる日々・・・

そして保護者からは
「若い先生だから、、」などといわれ、夜中に電話がかかってくる日々。

教師になった年は私にとっては学校教育現場の現実を知った年でした。

ある日
出勤中の電車に乗っていると突然呼吸が苦しくなり、パニックになってしまいました。

人生ではじめての過呼吸を体験。

「学校へ行くのが怖い。」

「出勤するのが怖い。」

「でも行かなきゃいけない。」

この思いをかかえながらずっと仕事をしていました。

私はなぜ続けられたか。

生徒の存在があったからです。

教師でいて良かったと思えるのは彼女、彼らがいたからです。

生徒達が成長していく姿はやはり良いもので、生徒達が変わっていく様子は教師でいてよかったなぁと思える瞬間があったから私は続けていけました。

今でもあの時は生徒がいなかったら死んでいたかもしれないと思っています。

「もうやめよう」

「もうやめたい」

とずっと思っていました。

ある日生徒から

「はなちゃんみたいな先生になりたい」と言われ、家に帰り、私は大号泣しました。

かつて恩師のようになりたいと思い、ずっと教師に、憧れ、ようやく掴めた夢。

現実は辛く、生徒と関わる時間も少ない。

うつ病と診断されるまでそう時間はかかりませんでした。

自分がこんな風になってしまうとは思っていなかった。

自分を大切にしようと決め、退職を決意しました。

現在、私は失業給付の制度により退職の決意ができ、給付を受けながら療養することができております。

安藤はなへ問い合わせする。

その結果現在は病気になる前の状態まで戻ることができました。

悩んでいる方の手助けをしたい。そんな思いで仕事をしています。

そして、一歩を踏み出す勇気を出せるよう少しでも力になれたらいいなと思っています。

私はやめて、今人生が180度変わりました。

こんなに人生が変わるなら早く辞めればよかったと思いましたが、先生でいたあの日々も辛かったあの日々も、あの時があったからこそ今の自分がいます。

みなさんも一緒に自分の人生について考えませんか?

ぜひ一緒に考えるお手伝いをさせてください。

安藤はなに相談したい方はこちらから

友だち追加